オーナーごあいさつ

wakulaオーナー・住田留美 rumi sumita

はじめまして!
wa-kulaオーナー住田留美です。
名古屋・大須のど真ん中に生まれた生粋の名古屋っ子ながら、さすらいの人生でもありましたが、現在ふたたびここ大須に戻り、wa-kukaを運営しております。
小学校までは地元で育ち、活発で好奇心旺盛、でも読書や絵を描くことが大好きという一面もありました。
その頃のお気に入りのテレビ番組が「兼高かおる世界の旅」
昭和に育った方ならおわかりでしょうか…(笑)

週一回、世界の見知らぬ土地、人々、文化をブラウン管から感じ、学び、見果てぬ世界にあこがれを持ち…
それ以降の自分の人生の動向に、大きな影響を与えてくれました。

その後、静岡の寄宿制の中学に入学、高校時代までを過ごします。
十代という多感な時期に、家族から離れ、代わりに雄大な自然とカトリックの愛を受け、その間で違和感も覚え、
揺れ動く自分がどうしても捉えられず悩む時もありました。

しかし今となっては、沢山のことを学び、身につけることが出来た体験だったと感じています。

卒業後は、親の反対を押し切って、アメリカ・ハワイの大学へ進学。心理学、コミュニケーション学を学び、その後、知的障害者の方のためのNPO団体で、ケースマネージャーとして活動。

一旦帰国後、約1年間シンガポールでの仕事を経て、日本に戻り、某外国語スクールにて、英会話講師として14年ほど勤務。

並行して、自宅その他で個人でのレッスンも開きながら、現在に至ります。
ひととひと、学びと楽しさ、希望と未来…つなげる助けとなれる存在でありたい…そんな空間を作りたいという気持ちで、2016年、wa-kulaを立ち上げました。


こちらももご覧ください→ もうひとつのストーリー
私自身も、ここでさまざまな人々と出会い
希望と感動を共有させていただけたら…
wa-kulaから始まりひろがる、皆さんとの交流をたのしみにしています!